ジュエリーの企画デザイン、スクールの運営をする Studio M point です。
Studio M point*
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5年間かけて世界を旅したお客様と石
2014年 04月 02日 (水) | 編集
5年かけて世界一周の旅をしたお客様からのオーダー。
(訂正:4年間ではなく、なんと5年間でした!)

旅先の途中、メキシコ グアナファトで出会った石を身につけられるジュエリーにして
奥様へプレゼントしたいというご依頼でした。

お持ちくださったのは、アンバー(琥珀)とカンテラ・オパール(母岩付きオパール)。
どちらも、とても綺麗でした。
何と言っても旅の途中で出会った石というのが素敵です。

IMG_0120s.jpg

手前がアンバーで、奥がカンテラ・オパール
プラチナ素材なので、しっとりした重厚感があります。

今回は奥様の雰囲気に合うようにと、チェーンではなくサテンコードを合わせ、
シンプルながら、とてもオーダー・メイドらしさを感じるデザインです。


ご依頼頂いたお客様、当時大きな設計事務所でのキャリアを一度捨て、
夢だった世界一周に出かけたんだそうです!

凄い決断ですね。
旅先での出来事など、
その内容はドキュメンタリー映画と同じくらい面白いお話でした。


話は戻りますが、
伺うと、旅から帰国され奥様とご結婚されてちょうど10年とのこと。

そこで、ご自分が旅の途中でインスピレーションを感じて購入された石を、
この10年目の記念に、ペンダントにして奥様への感謝のプレゼントしたいとのことでした。

そしてゆくゆくは、今はまだ小さな二人の娘さんへ受け継ぎ、
贈り物になるように、とのことでした。

ちょっと素敵な計画ですね

小さなジュエリー。
けれど、過去から現在、未来までなんだか壮大に繋がっている気がします。
その二人の娘さんがこのペンダントを身に着ける時、
どんな未来になっているのかな。。

そんなちょっとワクワクを感じながら、
出来上がったペンダントをケースにそっーとしまった私です。


帰国後は独立され、ご自身の事務所にて建築設計を手掛けていらっしゃるお客様。
いくつかご提案した中からこのデザインを選ばれた理由の一つは、
「どことなく建築模型を思わせるところがある」とのこと。

ジュエリーと建築。
サイズは両極端ですが、どこか似たところがあるのかも知れませんね。


素敵な未来になりますように。
というか、そういう未来にしよう!




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Studio M point* all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。